ニンテンドーDS、12月からは月産250万台体制に

京都新聞によれば、任天堂の岩田聡社長は全世界で絶好調のニンテンドーDS Liteの生産を従来の月産220万台から、12月からは月産250万台に引き上げたことを明らかにしたそうです。日本に続いて北米や欧州でも爆発的なヒットで、全世界的に品薄状態が続いていますので、これで少しでも改善してくれたら嬉しいですね。

岩田社長は年末商戦のDSについて「国内市場で需要が強いだけでなく、欧州も週50万台、米国も週40万台ペースで販売が推移し、在庫が少ない状態が続いている」と説明しています。年始以降もこの状況は続くと見ているようで、1月以降も増産体制を継続するということです。

来年以降は日米欧以外の市場でも展開していくということで、1月には韓国市場に直接参入して発売する予定です。『脳トレ』と『えいご漬け』を現地向けにアレンジした作品が発売されるようです。

Wiiとの競合については、どちらも好調であることを強調。DSの売れ行きが鈍ることはなかったとしています。DS Liteの今年度の出荷台数は2000万台としていましたが、上方修正する可能性も示唆しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30493817

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。